GeekFactory

int128.hatenablog.com

Gradle

Spring Boot + Gradleで依存関係のバージョンが下がる場合の対応策

GradleでSpring Boot Pluginを利用している場合、依存関係のバージョンが勝手に下がることがあります。例えば、 テスティングフレームワークのプロジェクト → spock-core-1.1-groovy-2.4 アプリのプロジェクト → テスティングフレームワークのプロジェクト …

Gradle Swagger Generator Plugin 2.6.0をリリースした

Gradle Swagger Generator Plugin 2.6.0をリリースしました。OpenAPI YAMLのバリデーション、コード生成、Swagger UI生成を行うためのプラグインです。 github.com New features 複数のOpenAPI YAMLを扱う場合に簡潔に記述できるようになりました。これまで…

Jenkinsでテストケースを並列実行して所要時間を短縮する

プロダクトが成長するにつれてCIの所要時間が長くなる悩みを抱えている方は多いと思います。本稿では、テストケースの並列実行でスローテストを乗り越える方法を検討します。 CIの所要時間を短縮する戦略 CIの所要時間が長くなる主な原因はテストです。だが…

Doma 2をGroovyで使用する時に気を付けること

気付いた範囲でまとめてみます。 フォルダ配置 Doma 2はAnnotation ProcessorでDAOの実装クラスを自動生成します。Doma 2のAnnotation ProcessorはJavaのコードにのみ対応しているため、DAOやエンティティはGroovyではなくJavaで書く必要があります。また、G…

Spring BootでログやActuatorにバージョン情報を含める

ログやActuatorにバージョン情報を含めておくと、本番環境でどのバージョンのアプリケーションが実行されているか簡単に確認できるので便利です。 ビルド時にapplication.ymlにバージョン情報を含める Gradleでは、以下のようなビルドスクリプトを書くとappl…

Swagger YAMLのバリデーションをCIで回す

Swagger YAMLを書いていると間違いに気づかないことがよくあります。リポジトリにpushした時にJenkinsやCircle CIなどで構文チェックできるとミスを防げるます。そこで、GradleのプラグインにSwagger YAMLのバリデーションを追加してみました。 使い方 build…

Gradle Swagger Generator Plugin 1.5.1 has been released

Gradle Swagger Generator PluginでSwagger UIを生成できるようになりました。 以下のビルドスクリプトで generateSwaggerUI タスクを実行すると、 build/swagger-ui フォルダにSwagger UIが出力されます。 plugins { id 'org.hidetake.swagger.generator' v…

Gradle Swagger Generator Pluginを公開します

GradleでSwagger YAMLからAPIサーバやAPIクライアント、APIドキュメントを生成するプラグインを作りました。 github.com もともとはGradle Swagger Codegen Pluginという名前でしたが、コードだけでなくドキュメントの生成もできるようになったので名前を変…

GradleからS3に成果物を公開する

GradleからS3に成果物を公開する方法を調べたのでメモです。あらかじめIAMユーザを作成し、キーを取得しておく必要があります。 S3 Maven Repositoryに公開する Gradleのmaven-publishプラグインを使うと、S3のMavenリポジトリに成果物を公開できます。詳し…

Gradle Swagger Codegen Plugin 1.1.0をリリースした

GradleでSwagger Code Generatorを利用するためのプラグインをリリースしました。 github.com バージョン1.1.0では、自動生成の対象を components オプションで選べるようになりました。下記のビルドスクリプトではモデルクラスとAPIクラスを生成しています…

Gradle Swagger Codegen Pluginを書いた

Swaggerのソースコード生成をGradleで利用するためのプラグインを書きました。 github.com 以下のようなビルドスクリプトを実行すると、SwaggerでAPIサーバを自動生成できます。 plugins { id 'org.hidetake.swagger.codegen' version '1.0.0' } repositorie…

Gradle TestKitでプラグインをテストする

GradleプラグインのテストにGradle TestKitを利用すると便利です。 何に使うの? ユニットテストではうまく動いているのに、実際のプロジェクトにプラグインを適用するとうまく動かないことがあります。これはGroovyのバージョンが違うとか、ビルドスクリプ…

Swagger自動生成スタブの継続的デプロイ

SwaggerにはYAMLからAPIクライアントやAPIサーバのコードを自動生成する機能があります。コードの自動生成を利用することでドメインの実装に集中でき、また、スタブを利用することでチーム開発を円滑に進められるといったメリットがあります。 しかし、コー…

Gradle SSH Plugin 2.6.0 released

Gradle SSH Plugin 2.6.0、Groovy SSH 2.6.0をリリースしました。 github.com 2.6.0の変更点 New feature Add executeScript method for script execution (thanks to @matthiasbalke) Add inputStream setting for command or shell (thanks to @matthiasba…

Gradle SSH Plugin 2.5.0 released

Gradle SSH Plugin 2.5.0、Groovy SSH 2.5.0をリリースしました。 github.com 2.4.1〜2.5.0の変更点 New feature Add timeout setting (2.5.0) Bug fixes Fix executeSudo never finish if password is wrong (2.5.0) Fix closing gateway session (2.4.3) U…

Continuous deployment to App Engine from Circle CI by Gradle

Circle CIを利用して、JVMベースのアプリをGoogle App Engineにデプロイする作業を自動化してみました。 うれしいこと 誰でも簡単にデプロイできる CIやPull Requestレビューを通過したコードのみデプロイできるように制限できる ビルド環境の差異による影響…

Gradle SSH Plugin 2.4.0をリリースした

Gradle SSH Plugin 2.4.0、Groovy SSH 2.4.0をリリースしました。 github.com 2.4.0の変更点 New features: Host key checking for gateway access Put files filtered by given closure Get files filtered by given closure Add ssh.runtime object in CLI…

TestKitによるGradleプロジェクトのテスト

最近のGradleで導入されているTestKitを使ってみたのでメモします。 TestKitでできること TestKitを利用すると、Gradleプロジェクトに対するテストを実行できます。例えば、何かの設定ファイルを自動生成するタスクをGradleで定義している場合に、そのタスク…

Gradle SSH Plugin 2.3.0をリリースした

Gradle SSH Plugin 2.3.0、Groovy SSH 2.3.0をリリースしました。 github.com 2.3.0の変更点 リモートコマンドを実行する時にコマンドラインを簡単にエスケープする構文を追加しました。これまでは自分でエスケープする(シングルクォートで囲む、もしくはバ…

Gradle SSH Plugin 2.2.0をリリースした

Gradle SSH Plugin/Groovy SSH 2.2.0をリリースしました。 2.2.0の変更点 authentications でユーザ認証方式を指定できるようになりました。通常の使い方(パスワード認証、公開鍵認証)ではユーザ認証方式を指定する必要はありませんが、Kerberos認証などの…

Gradle SSH Plugin 2.1.1をリリースした

Gradle SSH Plugin/Groovy SSH 2.11をリリースしました。 2.1.1の変更点 SCP GET/PUTの性能を改善しました。 github.com 2.1.0でSCPサポートを追加しましたが、非効率な実装が残っていたため、2.1.1で性能を改善しました。 Test Item scp vs sftp (2.1.0) sc…

Gradle SSH Plugin 2.1.0をリリースした

Gradle SSH Plugin 2.1.0、Groovy SSH 2.1.0をリリースしました。 github.com github.com 2.1.0の変更点 SCPによるファイル転送をサポートしました。SFTPはJSchに組み込まれている機能を利用しているので簡単に実装できましたが、SCPはコマンドの標準入出力…

Gradle SSH Plugin/Groovy SSH 2.0.0をリリースした

Gradle SSH Plugin 2.0.0、Groovy SSH 2.0.0をリリースしました。 github.com github.com 2.0.0の変更点 executeSudo メソッドでsudoコマンドに与えるパスワードをデフォルト(SSH接続時のパスワード)から変更できるようにしました。また、sudoコマンドのパ…

Gradle SSH Plugin 1.5.1をリリースした

Gradle SSH Plugin 1.5.1、Groovy SSH 1.5.1をリリースしました。 github.com github.com 1.5.1の変更点 SFTPでファイルやディレクトリを削除する remove メソッドを提供しているのですが、ファイルやディレクトリが存在しない場合に例外が発生しないように…

Gradle SSH Plugin 1.5.0をリリースした

Gradle SSH Plugin 1.5.0、Groovy SSH 1.5.0をリリースしました。 github.com github.com 1.5.0の変更点 Gradle SSH Pluginではホストにロールを関連付けることができます。これまで複数ロールのORを取るメソッド role() を提供していましたが、1.5.0からAND…

Gradle SSH Plugin 1.4.0をリリースした

Gradle SSH Plugin 1.4.0、Groovy SSH 1.4.0をリリースしました。 github.com github.com 1.4.0の変更点 ECDSA Host Keyに対応しました。正確には、以下の場合にHost Key Checkingが失敗する事象を修正しました。 known_hosts にECDSA鍵が含まれる。 SSHサー…

Gradleで特定の条件を満たした場合にのみテストケースを実行

Gradleで特定の場合にのみテストケースを実行する方法を説明します。例えば、通常のテストケースはH2 Databaseを利用するけど、一部はテスト環境上のMySQLで実行したいといった場合を考えます。 基本的な考え方 JUnitのカテゴリ機能でテストケースをフィルタ…

Gradle SSH Plugin 1.1.5をリリースした

Gradle SSH Plugin 1.1.5、Groovy SSH 1.1.9をリリースしました。 github.com サーバでSFTPが無効に設定されている場合にスクリプトがハングアップしてしまうバグを修正しました。約3ヶ月ぶりにリリースしようとしたらテストが通らなくて焦りました。Travis …

Gradle SSH PluginやGroovy SSHはどのようにテストしているか

G*Advent Calendar 2015の18日目です。 qiita.com 昨日は某社の方をゲストに迎えて闇の話をしていたためAdvent Calendarの公開が遅れました。大変申し訳ございません。 本記事では、Gradle SSH PluginやGroovy SSHをどのようにテストしているか説明します。G…

Gradle SSH Plugin 1.1.4, Groovy SSH 1.1.8をリリースした

Gradle SSH Plugin 1.1.4とGroovy SSH 1.1.8をリリースしました。リトライ機構にバグがあったので修正しました(Packet corrupt errors after upgrading from 1.1.5 to 1.1.7 · Issue #77 · int128/groovy-ssh · GitHub)。バグレポートをいただけるのは嬉し…