読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

GeekFactory

int128.hatenablog.com

ギークなスーツはSIerに必要ない

なぜなら、水増し工数や手抜き設計や非効率な開発環境や手抜きテストを見抜かれたくないから。内部の「作り」が分かるスーツがいると協力会社にとって都合が悪い。うまくごまかしを言える協力会社(のスーツ?)とそういうものだと納得する元請けスーツとの組み合わせが最善なのだ。

想像してみるといい。

  • 協力会社「その仕様は工数たくさんかかりますよ。」
  • スーツ(笑)「(作りはよくわからないけど複雑そうだし)じゃあ仕様を変えるか。」
  • ギークなスーツ「いや、それ別の方式で実現できますから」
  • 協力会社「(うぜぇ)はぁ」

もういっちょ。

  • 協力会社「JUnit使うと生産性落ちますからね。」
  • スーツ(笑)「(よくわからないけど大変そうだし)じゃあ動作確認だけでいいよ。」
  • ギークなスーツ「仕様が固まっているものは試験した方がいいんじゃね」
  • 協力会社「(うぜぇ)はぁ」