読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

GeekFactory

int128.hatenablog.com

玄箱Proのシリアルコンソールを製作した

ARM


用意したもの。
  • FT232RLの載ったシリアル-USB変換基板
  • ユニバーサル基板
  • 4ピンのヘッダ
  • ケーブル
必要な道具。
  • 半田ごて
  • ニッパー
  • カッター
まず、フロントパネル基板のUARTにピンを立てます。
f:id:int128:20080227021500j:image


今回は半田付けを失敗してGNDをダメにしてしまった*1ので、代わりに別の場所からGNDを取ります。
f:id:int128:20080227021501j:image
TXD, RXD, GNDにケーブルを差し込みます。
f:id:int128:20080227021457j:image
一方、シリアル変換基板はこんな感じ。適当に切ったユニバーサル基板の上に載せています。
f:id:int128:20080227023244j:image
めんどくさいので、ケーブルをそのまま半田付けしています。
f:id:int128:20080227021448j:image
フロントパネルにはめ込みます。
f:id:int128:20080227021446j:image
と、上手くいく予定だったのですが、フロントパネル基板とシリアル変換基板が干渉して入りませんでした。とりあえず動いたのでめでたし。
f:id:int128:20080227022407j:image


*1:最初はピンヘッダが見つからなかったから針金でやってて失敗。で、後からピンヘッダが出てきたので再度やり直し。まあ下手の言い訳にしかならんですが^^