読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

GeekFactory

int128.hatenablog.com

iSCSI Targetボリュームはパーティションを切らない方がよい

Linux

ボリューム全体をファイルシステムに使った方がよいです。TargetからもInitiatorからも1つのパーティションとして扱えるため、Initiatorで問題が起こった場合にもTargetホストでの対処が容易になります。

パーティションを切らない場合

iSCSI Targetホストの論理ボリューム /dev/vg/hoge
IQN iqn.2007-12.org.hidetake:hoge
iSCSI Initiatorから見たデバイス /dev/sda
マウントするデバイス /dev/sda
マウントポイント /mnt/hoge

パーティションを切る場合

iSCSI Targetホストの論理ボリューム /dev/vg/hoge
IQN iqn.2007-12.org.hidetake:hoge
iSCSI Initiatorから見たデバイス /dev/sda
マウントするデバイス /dev/sda1
マウントポイント /mnt/hoge

後者の場合、Targetホストで/dev/vg/hogeを直接マウントすることができません。前者の方がメンテナンスが容易になると考えられます。LVMを使えばいくらでもボリュームを切れるし。