読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

GeekFactory

int128.hatenablog.com

システム開発とプロダクト開発の違い

SIer

今日は事あってid:higayasuoさんの奥様とお会いすることができました。お忙しい中本当にありがとうございました。豊洲駅の温野菜で、普段の仕事内容から知られざる(?)夫婦生活まで聞かせて頂きました。すみません。おわびにカピバラさんの写真を貼ります。

もふっとカピバラさんぬいぐるみ A カピバラさん

もふっとカピバラさんぬいぐるみ A カピバラさん

最も重要なことを一つ書いておくと、印象的な質問は会社内での立ち位置でした。システム開発(SI)で売上が立つのに対して、プロダクト開発はコストセンタと位置づけられがちです。SI業界ではプロダクトを導入する案件があって初めて売上が立つため、SIをやってる人がメインストリームという傾向が強いと思います。

私は今までSIとプロダクト開発の両者を経験していますが、どちらも面白いし学ぶことはたくさんあります。たぶん両者をやらないと人は成長しないんだと思います。私はプロダクト開発の方が好きですが、今の立場では手を動かすことは不可能です。それはパートナーさんの仕事です。

会社の規模が大きくなるほど、お役所のルールは増えます。昼飯の時に別の方とも話しましたが、お客様の求める要件より高い品質基準を設定してコストと時間を掛けることは多々あります。そうなるのはルールがあるからです。ルールがある以上は、いくら偉くなっても自分の裁量は大きくなりません。だから自分に合った場所に移る方がよりよい人生を楽しめるんじゃないか、というのが私の現時点の認識です。

こうやって自重せずにブログを書き続けて、色んな人とお会いする機会を作れれば、いつか結論にたどり着ける気がします。ちなみに今は炎上案件をえんじょいしています。