読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

GeekFactory

int128.hatenablog.com

Amazon LinuxとZabbixで始める運用監視

aws ec2 linux zabbix

Amazon LinuxとZabbixで始める監視サーバ - GeekFactoryのリメイクです。Amazon Linux 2011.09に合わせて書き直しました。

必要なもの

Amazon Linux 2011.09からFedora EPEL(Extra Packages for Enterprise Linux)が使えるようになったため、Zabbixのインストールがとても簡単になりました。

sudo yum install --enablerepo=epel \
 zabbix \
 zabbix-agent \
 zabbix-server \
 zabbix-server-mysql \
 zabbix-web \
 zabbix-web-mysql

はい、終わりです。EPELが気に入った方は /etc/yum.repo.d/ でEPELを有効化してください。


SRPMからリビルドだよね!という方は以下をどうぞ。

準備

リモートで長時間ビルドするのでscreenを使えるようにしておきましょう。回線が切れたら悲しいことになります。

SRPMをリビルドするためにrpm-buildを入れておきます。ついでに一般ユーザでリビルドできるようにしておきます(こちらを参考にさせていただきました)。

sudo yum install rpm-build
mkdir -p ~/rpm/{BUILD,SOURCES,SPECS,SRPMS,RPMS/{i386,i586,i686,x86_64,noarch}}
vim ~/.rpmmacros

# .rpmmacrosの内容
%_topdir /home/xxx/rpm
%packager xxx <xxx@example.com>
%_sysconfdir /etc

iksemelのリビルドとインストール

iksemelのSRPMGoogle先生などから入手します。

wget http://pkgs.repoforge.org/iksemel/iksemel-1.4-1.rf.src.rpm

私が入手したSRPMはリビルド時にエラーが出たため、specファイルを書き換えました(こちらを参考にさせていただきました)。

rpm -ivh iksemel-1.4-1.rf.src.rpm 
vim ~/rpm/SPECS/iksemel.spec 

# 先頭に1行追記します
%define __check_files %{nil}

rpmbuild -bb iksemel.spec
sudo yum install ~/rpm/RPMS/x86_64/iksemel-*

Zabbixのリビルドとインストール

ZabbixのSRPMを入手します。私はZABBIX-JPで公開されているSRPMを使いました。

wget http://www.zabbix.jp/binaries/zabbix/zabbix-1.8/rhel5/SRPMS/zabbix-1.8.8-1.el5.JP.src.rpm

SRPMをリビルドして、必要なパッケージをインストールします。

rpmbuild --rebuild zabbix-1.8.8-1.el5.JP.src.rpm
cd ~/rpm/RPMS/x86_64
sudo yum install \
 zabbix-1.8.8-1.amzn1.x86_64.rpm \
 zabbix-agent-1.8.8-1.amzn1.x86_64.rpm \
 zabbix-server-1.8.8-1.amzn1.x86_64.rpm \
 zabbix-server-mysql-1.8.8-1.amzn1.x86_64.rpm \
 zabbix-web-1.8.8-1.amzn1.x86_64.rpm \
 zabbix-web-mysql-1.8.8-1.amzn1.x86_64.rpm

設定ファイルは /etc/zabbix に入っています。