読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

GeekFactory

int128.hatenablog.com

Gradle SSH Plugin 1.0.3をリリースした

gradle groovy

Gradle SSH Plugin 1.0.3をリリースしました.ビルドツール Gradle からSSHを使ってデプロイなどを行うためのプラグインです.

New Features

Gradleの標準APIに合わせて,ファイル転送のメソッドシグネチャを見直しました.具体的には,get()put() の記法を from: ..., into: ... スタイルに変更しました.

// specify the file path
get from: '/remote/file', into: 'local_file'

// specify a File object
get from: '/remote/file', into: buildDir

// specify an output stream
file.withOutputStream { stream ->
  get from: '/remote/file', into: stream
}

// get content as a string
def text = get from: '/remote/file'
// specify the file path
put from: 'local_file', into: '/remote/file'

// specify a File object
put from: buildDir, into: '/remote/folder'

// specify an Iterable<File>
put from: files('local_file1', 'local_file2'), into: '/remote/folder'

// specify an input stream
file.withInputStream { stream ->
  put from: stream, into: '/remote/file.txt'
}

// specify a string
put text: '''#!/bin/sh
echo 'hello world'
''', into: '/remote/script.sh'

// specify a byte array
put bytes: [0xff, 0xff], into: '/remote/fixture.dat'

1.0.2で追加された file, filesfrom に変更されました.

なお,下記のような従来の書き方もサポートしていますが,ビルドスクリプトの可読性の観点からfrom/intoスタイルの書き方を推奨します.

get '/remote/file', 'local_file'

put 'local_file', '/remote/file'

How to Use

詳しくは Gradle SSH Plugin Website からどうぞ.