@int128

int128.hatenablog.com

新しい技術を学ぶ時のアプローチ

新しい技術を学ぶ時にどのようなアプローチを踏むことが多いのか書き出してみました。具体的には、新しい言語、フレームワーク、インフラ、アーキテクチャ、プロセス、考え方などを学ぶことを考えます。

  • 名前を知る(ポータル、SNSPodcast等)
  • 特徴を知る(公式サイト、ブログ等)
  • どれぐらい有名なのかを知る(GitHubGoogle Trend等)
  • コミュニティで情報を得る(勉強会、カンファレンス)
  • チュートリアルを試す
  • 小さなものを作る(Hello World
  • 試してみた記事を公開する
  • 個人開発で使う
  • 作ったものをオープンソースで公開する
  • 気付きをブログで公開する
  • 気付きをコミュニティで発表する
  • 詳しい人から情報を得る
  • 導入に必要な情報をまとめる(特徴、リンク)
  • チーム開発で使う
  • 気付きをブログで公開する
  • 気付きをコミュニティで発表する
  • 動作原理を調べる(原典、コードを読む等)
  • 動作原理をブログで公開する
  • Authorから情報を得る
  • オープンソース開発に参加する
  • 足りないドキュメントを書く
  • 足りないものを補完するツールやフローを作る
  • 書籍や雑誌記事を書く
  • コミュニティの運営に参加する
  • コミュニティを主催する
  • 専門性を生かす仕事に転職する

ここではコミュニティやオープンソースから学ぶ方法を挙げてみました。ベンダのプロプライエタリな技術を学ぶ場合はまた別のアプローチが必要になると思います。