読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

GeekFactory

int128.hatenablog.com

OpenLDAPデータのバックアップとリストア

linux ldap

OpenLDAPのデータをバックアップしてリストアする方法のメモ。

前提

バックアップ

ディレクトリ本体と設定(cn=config)をLDIFに出力します。

sudo slapcat > ldap-20140727.ldif
sudo slapcat -b cn=config > ldap-config-20140727.ldif

リストア

  1. slapdサービスを停止します。
  2. /etc/openldap/slapd.d を削除します。
  3. /var/lib/ldap を削除して、DB設定ファイルを置きます。
  4. 設定をインポートします。
  5. ディレクトリ本体をインポートします。
  6. 所有者を修正します。
  7. slapdサービスを開始します。

コマンドはこんな感じ。

sudo systemctl stop slapd.service

sudo rm -fr /etc/openldap/slapd.d
sudo mkdir -m 700 /etc/openldap/slapd.d

sudo rm -fr /var/lib/ldap
sudo mkdir -m 700 /var/lib/ldap
sudo cp /usr/share/openldap-servers/DB_CONFIG.example /var/lib/ldap/DB_CONFIG

sudo slapadd -n0 -F /etc/openldap/slapd.d -l ldap-config-20140727.ldif

sudo slapadd -l ldap-20140727.ldif

sudo chown ldap:ldap -R /etc/openldap/slapd.d
sudo chown ldap:ldap -R /var/lib/ldap

sudo systemctl start slapd.service

実際はrmじゃなくてmvにした方がいいと思います!