読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

GeekFactory

int128.hatenablog.com

Gradle SSH Plugin 2.5.0 released

gradle groovy

Gradle SSH Plugin 2.5.0、Groovy SSH 2.5.0をリリースしました。

github.com

2.4.1〜2.5.0の変更点

New feature

  • Add timeout setting (2.5.0)

Bug fixes

  • Fix executeSudo never finish if password is wrong (2.5.0)
  • Fix closing gateway session (2.4.3)
  • Update to JSch 0.1.53 (2.4.2)
  • Fix remove() fails if recursively (2.4.1)

2.4系でバグが見つかったので2.4.1、2.4.2、2.4.3をリリースしました。いずれもユーザからIssueやPRをいただいて改修しました。ありがとうございます。

2.5.0ではConnection TimeoutやSocket Timeoutを指定する設定を追加しました。極端に遅いサーバがある場合に有用と思います。まあ、そういう状況ではSSHではなくcloud-initやSerfでデプロイする方がいい気もしますが、いろいろ事情があるでしょう。

振り返り

OS integration testで利用するサーバをEC2からCircle CI上のDockerに移行しました。これにより、開発環境でも手軽にOS integration testを実行できる、EC2の状態にテスト結果が左右されないというメリットがあります。その代わり、コンテナの立ち上げに20〜30秒かかるようになりました。

現状でCIに6〜7分かかっているため、せめて5分台に短縮したいです。Circle CIではなぜかGradle Daemonが効かない謎をどうにかしたい。あと、docker pullをバックグラウンドで実行すれば少しは時間を短縮できそう。

などと色々と改善したいことはありますが、プライベートで使える時間も限られているのでなるべくプロダクトコードを書いてユーザに価値を提供していきます。