読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

GeekFactory

int128.hatenablog.com

Jsonizer 0.9.2をリリースしました

java

軽量なJSONシリアライザ Jsonizer 0.9.2 をリリースしました。Java6上で動作します。あらかじめテンプレートを定義しておき、オブジェクトに対してテンプレートを再帰的に適用してシリアライズするのが特徴です。

以前は Object.getClass() に厳密に合致するテンプレートのみ適用していました。さすがに使いにくいので、 instanceof テストを行って利用可能なテンプレートを検索するようにしました。インタフェースに対するテンプレートを登録できるようになりました。

一風変わったシリアライザですが、お使いいただけると幸いです。

// Slim3のモデルをシリアライズする例
public class DataController extends Controller {
  public Navigation run() throws Exception {
    Jsonizer jsonizer = new Jsonizer();

    // モデルHogeに対するテンプレートを定義します。
    jsonizer.type(Hoge.class).with(new PropertyGetter<Hoge>() {
      private final HogeMeta m = HogeMeta.get();
      public void get(Hoge e) {
        // オブジェクトとJSONのプロパティ対応を書きます。
        property(Datastore.keyToString(e.getKey())).as(m.key);
        property(e.getUrl()).as(m.url);
        property(e.getDate().getTime()).as(m.date);
      }
    });

    // 対象
    List<Hoge> hoges = hogeService.getAll();

    // シリアライズしてJSONをレスポンスします。
    jsonizer.jsonize(hoges).send(response);
    return null;
  }
}

Algorithm

An object O is given, apply recursively:

  • if O is null, primitive, boxed or collection:
    • apply literal transformation
  • if O.getClass() returns class C and found exactly matched PropertyGetter:
    • apply get() method in PropertyGetter
  • perform instanceof test lookup:
    • for each class C in registered PropertyGetter
      • if O instanceof C:
        • apply get() method in PropertyGetter
    • Note that instanceof test order is undefined (not sorted by inheritance tree depth).
  • otherwise:
    • O.toString()

自分の英語力に絶望した><