読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

GeekFactory

int128.hatenablog.com

Swagger CodegenでPHPクライアントを生成する

Swagger Codegenが生成するPHPクライアントを使う機会があったので、使い方を記事に残しておきます。 Swagger Codegenが生成するファイル Swagger CodegenでPHPテンプレートを指定すると、以下のファイル群が生成されます。 SwaggerClient-php/ autoload.php…

Swagger YAMLのバリデーションをCIで回す

Swagger YAMLを書いていると間違いに気づかないことがよくあります。リポジトリにpushした時にJenkinsやCircle CIなどで構文チェックできるとミスを防げるます。そこで、GradleのプラグインにSwagger YAMLのバリデーションを追加してみました。 使い方 build…

Swagger Codegenにおけるspring-cloudテンプレートのカスタマイズ

Swagger Codegenではコード生成のテンプレートをカスタマイズできますが、ライブラリに spring-cloud を選んだ場合はカスタマイズの仕方に注意が必要です。 springのテンプレート構造は以下になります。 template/ api.mustache ←すべてのライブラリで共通の…

Gradle Swagger Generator Plugin 1.5.1 has been released

Gradle Swagger Generator PluginでSwagger UIを生成できるようになりました。 以下のビルドスクリプトで generateSwaggerUI タスクを実行すると、 build/swagger-ui フォルダにSwagger UIが出力されます。 plugins { id 'org.hidetake.swagger.generator' v…

Gradle Swagger Generator Pluginを公開します

GradleでSwagger YAMLからAPIサーバやAPIクライアント、APIドキュメントを生成するプラグインを作りました。 github.com もともとはGradle Swagger Codegen Pluginという名前でしたが、コードだけでなくドキュメントの生成もできるようになったので名前を変…

Gradle Swagger Codegen Plugin 1.1.0をリリースした

GradleでSwagger Code Generatorを利用するためのプラグインをリリースしました。 github.com バージョン1.1.0では、自動生成の対象を components オプションで選べるようになりました。下記のビルドスクリプトではモデルクラスとAPIクラスを生成しています…

Gradle Swagger Codegen Pluginを書いた

Swaggerのソースコード生成をGradleで利用するためのプラグインを書きました。 github.com 以下のようなビルドスクリプトを実行すると、SwaggerでAPIサーバを自動生成できます。 plugins { id 'org.hidetake.swagger.codegen' version '1.0.0' } repositorie…

Swagger自動生成スタブの継続的デプロイ

SwaggerにはYAMLからAPIクライアントやAPIサーバのコードを自動生成する機能があります。コードの自動生成を利用することでドメインの実装に集中でき、また、スタブを利用することでチーム開発を円滑に進められるといったメリットがあります。 しかし、コー…