読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

GeekFactory

int128.hatenablog.com

受託案件と企画案件の違いを感じる

SIer

受託開発の最たる問題は受け身であること。例えば、試験項目書は必ずWordで書かなきゃいけないとか、証跡はPowerPointにまとめて表紙を付けなきゃいけないとか、誰が決めたか不明なルールがたくさんあると思います。ルールがガチガチに決まった開発現場にずっといると、非効率なルールが当たり前に染みついてしまい、思考停止に陥る危険性があります。

お客様が作れといったから作りました。

という思考停止は危ない。

企画案件は自分らが意志決定していく必要があります。自分らが投資をするので、どこまで設計書を作るとか、リファクタリングをするかといったことも経営判断の1つになります。文字色を少し変えるだけで売上が変わる可能性もあるのです。

日本のSI業界が受け身の姿勢に染まっているのは問題ではないでしょうか。