読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

GeekFactory

int128.hatenablog.com

Gradle SSH Plugin 2.3.0をリリースした

Gradle groovy

Gradle SSH Plugin 2.3.0、Groovy SSH 2.3.0をリリースしました。

github.com

2.3.0の変更点

リモートコマンドを実行する時にコマンドラインを簡単にエスケープする構文を追加しました。これまでは自分でエスケープする(シングルクォートで囲む、もしくはバックスラッシュを付ける)必要がありましたが、2.3.0からは execute メソッドにリストが渡された場合は自動的にエスケープされて実行されます。

例えば、以下のようにLLのスクリプトワンライナーで実行したい場合は便利でしょう。

execute(['perl', '-e', /print 'current: ', time, "\n"/])

また、2.3.0から複数の known_hosts ファイルを指定できるようになりました。地味な改善ですが、実行時に別の known_hosts をマージしたい場合などに役に立つと思います。

おまけ

5月中旬に入ってからダウンロード数が伸びています。2.0.0をリリースしてからだいぶ伸びているので、メジャーバージョンアップは効果があるということでしょうか。

ちなみに、Gradleで一度キャッシュされたら再びダウンロードされることはないので、新規ユーザがプラグインを使い始めたか、既存ユーザがバージョンを上げた場合にカウントされます。

f:id:int128:20160610213231p:plain