読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

GeekFactory

int128.hatenablog.com

KPTとYWTMの振り返り手法を使い分ける

agile

チーム開発の振り返り(レトロスペクティブ)ではKPTが広く使われていますが、YWTMという手法もあります。

yu-hi.babymilk.jp

私のチームでは、スプリントの振り返りはKPT、一定の区切り(月とか四半期)での振り返りはYWTMを使っています。具体的には、個人ワーク(5分で付箋を書く)とグループワーク(順番に付箋を共有して議論する)を以下のキーワードごとに繰り返す進め方でやっています。

キーワード 議論すること
K スプリントでよかったこと、今後も続けたいこと
P スプリントで問題と思ったこと
T 次のスプリントで改善したいこと
-- --
Y 今月(今期)やったこと
W 今月(今期)やって分かったこと
T 来月(来期)やること
M 来月(来期)やって改善されること

スプリントのような短期間であればチームの活動がみんなの記憶に残っていますが、月や四半期になるとチームの活動を思い出す必要が出てきます。さらに、チームではいろんな活動をしているので、個人によって見え方(フレーム)が違うものです。やったことを共有して共通認識を形成できるのがYWTMの強みと言えるでしょう。

ただし、YWTMはチームでやったことを挙げていくので話題が発散しやすく時間がかかります。スプリントのような短期間であれば、話題を発散させるよりも問題の改善に集中した方が効率的に議論できます。以前、別のチームでスプリントごとにYWTMをやってみたのですが、冗長な感じがしてすぐにやめてしまいました。このような理由でスプリントのふりかえりにはKPTを採用しています。

KPTやYWTMで出てきた「T」は次のスプリントのバックログに入れるようにしています。これにより、振り返りと改善のサイクルが回るように工夫しています。もし、アーキテクチャの変更のような大きな話が出てきた場合は次のスプリントだけでは収まらないので来期の計画に盛り込みます。走りながら改善を続けるのは難しいですね。