@int128

int128.hatenablog.com

kubectl getでカスタムカラムを表示する

kubectl getはデフォルトでは以下のカラムを表示するが、どのカラムを表示するかはオプションで変更できる。

% kubectl get po --all-namespaces
NAMESPACE     NAME                                                                  READY     STATUS    RESTARTS   AGE

特定のカラムを表示するには -o custom-columns オプションを渡せばよい。

例えば、Pod名、実行ホスト、リソース要求を表示したい場合は以下のように指定する。

% kubectl get po --all-namespaces -o "custom-columns=NAME:.metadata.name,IP:.status.hostIP,RES:.spec.containers[0].resources.requests" --sort-by .status.hostIP
NAME                                                                  IP              RES
kube-dns-6c4cb66dfb-w69l7                                             172.20.57.157   map[cpu:100m memory:70Mi]
heapster-heapster-697757c69d-4fjpr                                    172.20.57.157   map[cpu:190m memory:224Mi]
...
kube-apiserver-ip-172-20-60-136.us-west-2.compute.internal            172.20.60.136   map[cpu:150m]
kube-scheduler-ip-172-20-60-136.us-west-2.compute.internal            172.20.60.136   map[cpu:100m]
kube-controller-manager-ip-172-20-60-136.us-west-2.compute.internal   172.20.60.136   map[cpu:100m]
kube-proxy-ip-172-20-60-136.us-west-2.compute.internal                172.20.60.136   map[cpu:100m]
~

ここでは --sort-by オプションを渡して実行ホストでソートしている。

See Also