GeekFactory

int128.hatenablog.com

Kubernetes

NGINX Ingressで複数ドメインを1つのALBに集約する

AWSでKubernetesを利用する場合、Ingress Controllerの選択肢にはaws-alb-ingress-controllerやkube-ingress-aws-controller、nginx-ingressなどがあります。 aws-alb-ingress-controllerやkube-ingress-aws-controllerではKubernetesのレイヤでALBを管理で…

HackMDでGitLab認証を利用する

HackMDは同時編集が便利なコラボレーションツールです。HackMDは認証なしでも十分に使えますが、外部認証を利用するとさらに便利に使えます。公式リポジトリのドキュメントによると、HackMDは以下の認証方式に対応しています。 GitHub Twitter GitLab (self …

Debian and Kubernetes optimized Kernel in kops

kopsが利用するAMIについて調べたのでまとめておく。 kopsでサポートされているOSは https://github.com/kubernetes/kops/blob/master/docs/images.md に書かれている。デフォルトではDebianが選択される。他にCoreOS、Ubuntu、CentOS、RHELがサポートされて…

開発基盤ツールのHelm charts

開発基盤ツールをKubernetesで運用する時に使えるHelm chartsを調べたのでまとめました。開発支援ツールやDevOpsツールという言い方もあるかもしれません。 Atlassian JIRA Software オフィシャルのHelm chartやDockerイメージはありません。検索したところ…

Helmfile supports inlined values in YAML

HelmfileはKubernetesクラスタのHelm releasesを管理するツールです。 helmfile.yaml にデプロイしたいHelm chartを書いて helmfile sync を実行するだけでインストールやアップグレードを冪等にやってくれるので便利です。 例えば、Kubernetes DashboardとH…

kubectl getでカスタムカラムを表示する

kubectl getはデフォルトでは以下のカラムを表示するが、どのカラムを表示するかはオプションで変更できる。 % kubectl get po --all-namespaces NAMESPACE NAME READY STATUS RESTARTS AGE 特定のカラムを表示するには -o custom-columns オプションを渡せ…

Upgrade to Kubernetes 1.9 using kops

個人用のKubernetesクラスタを1.9.3に更新したのでログを残します。 % kops version Version 1.9.0 kops upgrade cluster コマンドでS3の構成情報を更新します。 % kops upgrade cluster Using cluster from kubectl context: hello.k8s.local ITEM PROPERTY…

kubeloginコマンドを利用してOpenID ConnectでKubernetesにアクセスする

TL;DR Kubernetesの認証はクライアント証明書やID/パスワードだけでなく、OpenID Connectに対応している。 RBACを設定することで、ユーザやグループによるアクセス制御ができる。 以下の設定が必要になる。 Keycloak(OpenID Connect IdP) kube-apiserver(…

KeycloakのOpenID ConnectでKubernetes Dashboardにアクセスする

TL;DR Keycloakはオープンソースの統合ID管理ツールでOpenID ConnectやSAMLに対応している。 Kubernetes DashboardはOpenID ConnectのIDトークンによる認証に対応している。 RBACを設定することで、ユーザやグループによるアクセス制御ができる。 以下の設定…

Helm ChartsをGitHub Pagesで公開する

KubernetesではHelmというパッケージマネージャが広く使われています。HelmではChartという単位でパッケージを管理します。有名なソフトウェアであればOfficial Chartsが公開されていますが、場合によっては自分で書いたChartを公開したいこともあるでしょう…

EBS volume type standard not working on Kubernetes

The EBS volume type standard seems not working as a storage class on Kubernetes. Reproduce the issue Adding the following storage class: kind: StorageClass apiVersion: storage.k8s.io/v1 metadata: name: standard labels: k8s-addon: storage-a…

Prometheus/GrafanaでPersistent Volumesの空き容量を取得する

TL;DR KubernetesのPersistent Volumesの容量をPrometheusで取得するには以下のMetricsを使用する。 kubelet_volume_stats_available_bytes (使用可能バイト数) kubelet_volume_stats_used_bytes (使用済みバイト数) kubelet_volume_stats_capacity_byte…

kopsでルートボリュームタイプにstandardを指定できるようになった

kopsではEC2のルートボリュームに割り当てるボリュームタイプに gp2 か io1 しか指定できない問題がありました。検証用途では standard で十分なので、standard も指定できるように入力値チェックを修正するPRを送りました。 github.com 以下のようにインス…

Deploy static site on nginx pod

滅多に変更しない静的ページを配置したい時に便利です。 apiVersion: v1 kind: ConfigMap metadata: name: landing-page data: index.html: | <html> <body> <h2>Welcome</h2> </body> </html> --- apiVersion: extensions/v1beta1 kind: Ingress metadata: name: landing-page spec: rules: - …

KeycloakのOpenID ConnectでKubernetesにアクセスする

TL;DR Kubernetesの認証はクライアント証明書やID/パスワードだけでなく、OpenID Connectに対応している。 RBACを設定することで、ユーザやグループによるアクセス制御ができる。 以下の設定が必要になる。 Keycloak(OpenID Connect IdP) kube-apiserver(…

kubectl completionの遅延実行によるzshの起動時間短縮

kubectl にはシェルの補完機能が用意されています。 .zshrc で補完機能を有効化するとzshの起動に時間がかかるため、補完機能の有効化を遅延実行するようにしてみました。 具体的には、 kubectl コマンドの初回実行時のみ source <(kubectl completion zsh) …

Kubernetes nodesをMulti-AZからSingle-AZに移行した

kopsで運用しているKubernetes nodesをMulti-AZからSingle-AZに移行したので作業メモを残しておきます。 us-west-2b や us-west-2c にあるNodesとPersistent Volumesを us-west-2a に移行します。Masterは us-west-2a のままにします。 kops 1.8.0, Kubernet…

GKE with HTTPS by kube-lego

GKEでHTTPSを使う場合のメモです。 kube-legoのサンプルに書いてある通りですが、一部注意が必要です。 github.com まず、kube-legoをデプロイします。 cd lego vim configmap.yaml #...snip data: # modify this to specify your address lego.email: "int1…