GeekFactory

int128.hatenablog.com

二回目の育休日記(生後1ヶ月)

第二子が生まれてから1ヶ月が経ったので記録を残しておく。

産前産後

今回は里帰りではなく東京で出産することにしたので、生まれる前から休むことにした。男性の場合は産前産後休業がないため、子どもが生まれてからでないと育休を取得できない制約がある。それでは遅すぎるので、年休(有給)と育休(無給)を組み合わせることで、生まれる1週間ぐらい前から休みを取った。

夫婦ともに実家が遠いので、基本的に夫婦だけで乗り切る必要がある。実家から応援に来てもらうことも可能だが、家族の飛行機代や宿泊費、慣れない東京生活のサポートなどを考えると、夫婦だけで乗り切った方がよいと判断した。

妻の入院中はワンオペ生活であったが、何回かリハーサルを行うことでスムーズに移行できた。私の場合はもともと保育園の送り迎えをやっていたので混乱が少なかったが、そうでない場合は数ヶ月前から調整を始めた方がよいと思う。

生まれてからの事務処理は以下の通り。早めにやっておいた方がよい。

  • 出生届
  • 児童手当や医療費助成の申請
  • 健康保険証の申請
  • 扶養申請
  • 育休申請(氏名が決まった後の手続き)

生後1ヶ月

最近は以下のようなスケジュールで生活している。

  • 6:30 起床
  • 洗濯する ☆
  • 朝食を作る
  • 保育園の荷物をまとめる
  • 娘を起こす
  • 娘と一緒に朝食を食べる
  • 洗濯物を干す ☆
  • 出かける準備(着替え、歯磨き、顔洗い)
  • 8:40 娘を保育園に送る
  • 息子をお風呂に入れる
  • 昼食を作る(基本的に外部調達)
  • 掃除する ☆
  • 洗濯物を取り込む ☆
  • 15:40 保育園にお迎えに行く
  • 夕食を作る(基本的に外部調達)
  • ゴミを出す ☆
  • 娘をお風呂に入れる
  • 寝る準備(歯磨き、爪切り)
  • 明日の保育園の荷物をまとめる
  • 21:30 娘の寝かしつけ

上記に妻のタスクは入っていない。☆が付いているものは最初は私がやっていたが、最近は主に妻がやってくれている。息子の授乳が3時間おきにあるため、娘担当と息子担当で別々の部屋で寝る運用としている。これで生活時間に起因するトラブルはだいぶ軽減されていると思う。

食事は基本的に外部調達としている。朝食や昼食はスーパーで買った惣菜や弁当と簡単な自炊を組み合わせている。夕食はコープデリで弁当を注文している。買い物はネットスーパーを利用しているが、惣菜や弁当については店舗でないと買えないものがある。以下はネットスーパーで定期的に注文している。

  • お米
  • ミネラルウォーター、お茶
  • おむつ

掃除はルンバで自動化しているが、部屋が無人になる時間帯が少ないため、頻繁に掃除するのは難しい。現状では週1回程度になっている。ルンバが入れない領域や布団掃除機は手作業が必要になる。

娘にとっては赤ちゃんが突然現れることになるので、ストレスをためないようにケアが必要になる。親がイライラしてしまうので難しい。息子が家に帰ってきてから2〜3週間は非常に混乱していたように思う。娘と対話する時間を作ることが大事な気がする。あとは、保育園の往復だけではストレスをためてしまうので、保育園の帰りに寄り道するようにしている。土日は一緒にランチに行っている。 生活費は従前通り月末に精算して折半としている。詳しい運用は以下の記事を参照されたい。

int128.hatenablog.com

生後3ヶ月ぐらいまでは24時間体制になるので、しばらくこの運用を続ける予定である。

勉強

赤ちゃんはよく泣くので、隙間時間で作業するスタイルになる。作業に戻ったら何をしていたか忘れている。そのためバッチサイズを小さくして、手離れよく作業を進めていくことが望ましい。

最近は以下の開発をメインでやっている。

github.com

github.com

Goは実行やテストが速いので、隙間時間の作業に向いていると思う。